贈り物でのマナーは相手への思いやり

晴れて結婚することとなった友人や知人、親族といったような人に対しては、そのお祝いの気持ちを込めて結婚祝いを贈ることが一般的です。

しかしながらこの結婚祝いとして贈り物をするというような場合には、「結婚祝いとしてのマナー」を意識しなくてはなりません。

では結婚祝いとして贈り物をする際に気をつけたいマナーには何があるのかというと、最も注意したいポイントとなるのが「縁起」です。

例えば結婚式に参列する際のご祝儀として「割り切れる数」は縁起が悪いために向かないというような考え方は一般的によく知られるものとなっていますが、実はこうした縁起は結婚祝いの贈り物にも存在しています。

まず避けるべきとなるのはどういったものかというと、「ガラス製品」や「陶器製品」、「はさみ」や「包丁」と言ったようなものが、結婚祝いとして避けるべき物の代表例となります。

どうしてこうしたものが縁起が悪いものとなるのかというと、ガラス製品や陶器製品は「割れる」や「壊れる」というイメージを連想させるからです。

結婚祝いでは「結婚して末永く家族で幸せになってほしい」という思いを込めるのが基本ですから、こうしたイメージを連想させるものは適していないのです。

はさみや包丁も同様で、これは「切る」という役割が「縁を切る」というようなイメージを連想させるからというのが理由になります。

また「縁起の悪い数」で贈り物をするということも、避けた方が良い傾向があります。

縁起の悪い数としては「死」を連想させる4、「ろくでなし」を連想させる6と9といったようなものがありますから、こうした数で贈り物をすることは避けた方が無難です。

しかし御祝儀とは違い、割り切れる数字の2に該当するペアグッズや、12に該当するダース単位のセットなどは「一組」として数えるのが一般的ですから、さほど問題にはなりません。

では結婚祝いとして贈り物をする際、マナーとして問題ないものにはどういったものがあるのかというと、定番となるのは「フラワーギフト」です。

フラワーギフトはそれぞれの人の好みを存分に反映させることができますから、新郎新婦が好きな花や、周りの人が新郎新婦に対して抱くイメージを形にして送ることができます。

また「時計」も「家族の時間」というイメージを連想させてくれるものですから、普段だと買わないようなやや高級な時計などを贈り物として選ぶ人もいます。

ただ現代だと、結婚祝いの贈り物にも「実用性」が求められるようになってきているのも事実です。

そのため包丁を除くキッチン用品なども、定番中の定番となっています。

最近だと欧州のキッチングッズメーカーも日本の市場に参入するようになっていますから、そうしたお洒落なキッチングッズであれば、結婚祝いとして見劣りするというようなことはないでしょう。