結婚祝いは気にしてほしい

自分の気持ちを表すのに苦労している人は少なくありません。言葉は、それを発する人の話し方や雰囲気次第で、その持つ意味が変わってしまうことがあります。そのため、自分では良かれと思って発言した言葉が、相手の気持ちを逆なでしたり、相手を傷つけてしまうことがあります。単なる誤解だということで、笑ってすませられればいいのですが、時と場合によっては、それきり相手との交流が途絶えてしまうということにもなりかねません。また、その後長期間にわたって関係がぎくしゃくしてしまうことがあります。このように、言葉の扱いにはとても気をつける必要があります。その点、贈り物は商品やサービスで自分の気持ちを伝えることができるので、口下手な人にはとても有効なツールです。自分の気持ちをうまく伝えられる自信がない人は、その思いをプレゼントに込めて相手に渡しましょう。相手は、きっと言葉にならない思いを汲みとってくれるはずです。プレゼントは、誕生日や記念日などのイベントのほかに、日常的にも使うことができます。しかし、最もプレゼント選びに気を使うのは、結婚祝いではないでしょうか。結婚は、ほとんど全ての人にとって一生に一度あるかないか、という人生最大のイベントです。このイベントにふさわしい贈り物は、簡単に見つかるものではありません。結婚のお知らせが届いたら、相手の好みをさりげなくリサーチしながら、相手に最も喜んでもらえる結婚祝いを、時間をかけてじっくりと探しましょう。特に、趣味に合わない結婚祝いほど、相手にとって迷惑なものはありません。よくあるパターンが、自分の好みに合わないコーヒーカップなどを結婚祝いに贈られて、処分もできずに困る、というケースです。趣味に合わないので処分したくても、贈り主を自宅に招いた時には、その結婚祝いの品を使わないと、相手が気を悪くしてしまう、という場合があります。このように、相手に余計な負担をかけないために、結婚祝いを贈る前には、十分なリサーチが必要です。

新しい生活の始まりだから

春は出会いや別れの季節です。卒業式や入学式、入社式などのイベントがあり、これまで慣れ親しんだ友人たちに別れを告げたり、故郷を離れて → 続きをどうぞ